今治市における太陽光発電に対するスタンス

§ Filed under 愛媛で発電しよう

地方分権という声を上げる政治団体が多いですが、現時点でも日本は様々な気候を持ち、狭いようで広いので各自治体で独自の考えたかを持っていたりしますよね。
これは、国が法改正をし、さらに地震などの災害もあって日本人のほとんどが関心を持っているであろう太陽光発電に対しても例外ではありません。
自治体によって補助の方法も様々で、スタンスがそれぞれ違うことが感じられます。
ですから私はまず、それぞれの自治体の太陽光発電補助に対するサイトのページを見るようにしています。
そこで、目に止まったのが今治市です。
ざっと見た感じだと、全国的な傾向として日照時間が長い場所では力が入っている印象です。
もちろん、愛媛県も太陽光発電に適した環境ではありますが、今治市は北部になり、瀬戸内海に浮かぶ島も範囲内となり、様々な気候が入り混じっていると言えます。
そのような状況なのに、積極的に地球環境に貢献したいと言う内容がサイトに載っていますし、メガソーラー事業を行うということを、具体的に進めているわけではありませんが、関心を持っている住民の意見に対して真摯に応えているやり取りも、自治体のサイトで見ることが出来ます。
今治市は広いですが、愛媛県特有の太陽光発電に適した場所も確かに存在します。
もしそこに暮らしている人がいたら、この姿勢で取り組んでいる場所なだけに心強いでしょう。
もちろん、補助金も出ますしね。
もし私が暮らしていても、このスタンスを評価してきっと設置しているでしょう。