気候が温暖な松山市で太陽光発電を取り入れましょう。

§ Filed under 愛媛で発電しよう

愛媛県松山市は瀬戸内海に面した気候が温暖なところです。
日照時間も全国平均より大きく上回る地域ですので、太陽光発電にはもってこいですよね。
やっぱり太陽光発電のパネルは太陽の光が当たってこそ効果を発揮するので、日照時間は重要です。
そして、初期導入費用が大きくかかりますが、大体10年くらいで元手を回収すると言われています。
やっぱり元手を回収するために多くの太陽の光があるのは有利に働きますよね。
もちろん、メンテナンス費用もかかるとは思いますが、多くの日照時間がある松山市でしたら、太陽光パネルの導入はとても有利なのではないでしょうか?
現に松山市は市をあげて太陽光パネル導入に力を入れているそうですね。
やっぱり全国平均を上回る日照時間があるのですから、それを利用しない手はないです。
せっかく日照時間が長いんだからという点もありますが、停電の時にも太陽光パネルは力を発揮します。
昼まで自分の家で発電した電気を自分で使うこともできるので、防災にも役立ちます。
こちらの方は特になかったですが、前の大地震では首都圏のほうでは計画停電もありました。
こういう時自分の家で発電できるっていうのは大きな強みになります。
太陽光パネルを導入することによって、いくら電気を使っているのかがはっきりとするのでより節電をするようになったとおっしゃる方も多いみたいで節電にもなります。
エコの観点からも、防災の観点からも太陽光発電パネルを前向きに導入してみたいものです。