東京都の意外性のある太陽光発電活用

太陽光発電を強く推進している東京都内でも、荒川区での制度の面白さは他の追随を許さないものといえます。
実は最近、東京都荒川区では、二酸化炭素排出削減対策や再生可能エネルギーの効率よく使うこと、更に防災を目的とした安全性の高い町を目指して、区民や企業によって結成される「街なかメガソーラー」という独自の登録制度を実施することになりました。
今まで区の人や企業が太陽光発電システムを設置する時には、補助金を提供して導入を促進してきていましたが、今回、街なかメガソーラーという独自の制度に登録したうえで、新たにソーラーパネルシステムを設置することで、万が一の災害や停電をした場合の非常用電源として電力提供をしてくれる区民や企業に対して、補助金が1.5倍に増えることになったのです。
東日本大震災後、電力に対しての不安は関東をはじめとして東北や全国に広がっています。
そのため、電力不足をできる限り自分たちの地域でおさえようという試みから、荒川区が今回、太陽光発電を効率よく快適に活用する方法を編み出したというのが事実です。
日常的に見られない制度ということで今後が期待されています。
区では今後、ソーラー発電を積極的に導入するにあたり、お互い助け合おうぜという精神を生かした区民によっての互助会のような制度として取り入れたいのだといいます。
災害のときの非常用の電源として、一般的なメガソーラー発電所と同規模の1000kWであれば、区民や企業などからの参加によってまかなえるだろうという期待が寄せられ、発電効果が効率よく生かせるように協力し合いたいという意見から誕生した試みと言えます。
今後、区を上げて太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーがより一層普及されるよう肉を上げて推進する方針であり、避難所を中心に公共施設への積極的な設置をも期待されています。
寄付金制度などをも活用することによって、区全体で隣の人との交流などを踏まえて災害時の電源だけではなく、助け合える道を確保するということで、大変魅力的な制度を実行に移しているといえます。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>