地球の環境保護に貢献する。

§ Filed under 環境に優しい発電方法

太陽光発電システムは地球環境に影響を与えない太陽光により電力を発電させる非常のクリーンな発電システムです。
現在日本国内で消費されている電力の大半は、日本各地に設置されている火力発電所が発電し、日本中に送電しています。
火力発電所は太陽光発電システムと比較すると発電効率が高い、つまり発電に使用するエネルギー量で比較すると電力の発電量が多いという利点があります。
ですから、地下資源のない日本が主に中東から高い原油や液化天然ガスといった化石燃料を購入し、大規模な火力発電プラントを建設して発電しても、電力会社は利益を出せるのです。
商業面でのメリットが十分にある火力発電システムですが、発電時に二酸化炭素を常時大量に放出するという、地球環境にとっては非常に大きなデメリットが残念ながら存在します。
太陽光発電システムは発電時に二酸化炭素を一切放出しませんから、松山市で自宅に太陽光発電システムを設置するなら、個人として地球の環境保護に大きく貢献できるでしょう。
太陽光発電システムは実用化されて40年以上が経過しており、技術的にはすでに確立された、安全安心の技術です。
ソーラーパネルが内蔵された腕時計や電卓が広く普及していますが、これまで一件もソーラーパネルが原因の火災や事故は発生していません。
とても安定したシステムなのです。
住宅用太陽光発電システムとしてごく初期に試験的に設置された機種が、今でも発電を続けています。
長期間問題なく使用できることが実証されてもいるのです。