太陽光発電で変わった家族の意識

§ Filed under 環境に優しい発電方法

我が家は、サラリーマンの私と妻、中学生の娘と小学生の息子の4人家族です。
昨年晴れて念願のマイホームを建てることとなり、その際に太陽光発電も採用しました。
それまで住んでいたアパートがプロパンガスだった事もあり、新居で生活し始めてからは光熱費にかかる費用が驚くほど安くなりました。
共働きで昼間は誰も家にいない我が家にとってはオール電化も相性が良い様で、年間を通せば光熱費はゼロに近いのではないかというほどです。
コストパフォーマンスに関しては予めシミュレーションで試算出来ていたことなので、その通りになってむしろ安堵といったところです。
副産物と言えるのか分かりませんが、太陽光発電搭載により我が家の家族に嬉しい変化がありました。
それは節電意識です。
それまでも、節電を促す事は子供たちに対してしてきたつもりですが、なかなか届かないと感じていたものです。
特に中学生の娘は年頃のためか何か言えば口答えで聞く耳すら持たぬ有様でした。
ところが、電力の発電量や使用量が一目でわかるパネルが室内に設置されてから、あからさまに子供たちの意識が変わったのです。
今では、私や妻が子供たちに電気の消し忘れなどを注意される事もあるほどです。
いつまで続くのか分かりませんが、子供たちの心の中に芽生えた節電の意識は良い影響だと思っています。
無駄な電気は消すと言うちょっとした行為が当たり前のこととして身についてくれたら、それだけ出の大きなメリットだとすら思うのです。