福岡などのメガソーラー発電所の行方

再生可能エネルギー固定買い取り制度が2012年7月からスタートしたことを受けて、企業や自治体を中心としたメガソーラー発電所計画が非常に多く登場しています。
現在のところ買い取り価格がとても条件がよく、実際に開始したときの価格で契約した人は10年据え置くという条件の良さによって、企業や自治体などによって副収入や社会貢献、企業イメージのアップなど様々な視点からの参入が相次いでいます。
昨今の状況を確認すると、日本全国でのメガソーラーブームの勢い非常に大きく、もはや簡単には止まらない勢いを増しているといえます。
多くの地域でのメガソーラー発電所の建設が相次いでいます。
中でも北海道が一番多く、次に福岡県、兵庫県と続いています。
実際に地方自治体は過疎化が進んでいる部分をも含め、あまっている遊休地を効率よく電力事業で活用してもらおうと企業を誘致している実情がある部分は否定できません。
とはいえ、太陽光発電事業においては、できるだけ早めに参入したほうがお得というのは、多くの企業の間で意見が一致しているといえます。
その理由として、政府による太陽光発電事業の全量買取制度に対しての見直しを図る方針が明らかにされたことがあげられています。
ソーラーパネルなどの費用がたぶんに値下がりしつつあるために、初期費用の低額化は当然起こりうることとされていますし、業界筋でもそのように予想されています。
そのため、今後年度ごとに建設コストなどを踏まえた全量買取額となるため、早めに参入してできるだけ高値で購入してもらえるようにしておくことも、企業によって大変効率よく買取を実践してもらえる証拠とであるといえます。
できる限り企業の参入が進むと、メガソーラー事業への地方に対しての雇用促進なども期待されており、今後提起的なメンテナンスなども必要とされる業種であることから、地域にとっても企業にとっても両立して快適に活用できるという部分での期待が高まるのは事実といえます。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>